なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 
75

「鶏白湯あか」@麺屋 鶏っぷの写真本日は外回りの途中に久々にこちらに立ち寄りです。店には11:30前に到着、後客はすでに待ちです。相変わらずの人気ですね。未食の表題をポチし暫し待ちます。

10分ぐらいで着丼です。おおっ!これはすごいビジュアルですね。丼一面に唐辛子かかっており、真っ赤です。まずは唐辛子をかき分けてスープからいきます。ベースは鶏白湯と鶏白湯くろの中間のように感じられます。相変わらずここのスープは濃厚で旨いですね。これに唐辛子の辛味が加わってピリ辛でいい感じです。「山椒などを混ぜたオリジナルのシビれ油を合わせた」とありますが、これはよくわかりませんでした。カラシビではカラが圧倒的に勝っています。麺はザクパツの低加水麺。この店の定番で、この鶏白湯スープによく合っています。ザクザクとした食感が楽しいですね。辛いものがあまり得意でない僕は、唐辛子を避けるように避けるように食べ進めましたが、途中から混ざり始めて避けられなくなり、結構な辛さになってきました。HPには「見た目ほど辛くないです」とありますが、そんなことはなかったですよ。具は鶏、豚のチャーシューとなぜか味玉が入ってました。味玉はきっと店の人のオペミスですね。最後は汗だくになりながら完食、スープは3割ほど飲んでFinishです。

限定を除いてメニューをコンプリートしましたが、僕は「鶏白湯くろ」が特徴的で一番好きです。後は和え玉を食べてみないと。旨そうなのですが、いつもお腹いっぱいになってしまいオーダーしないんだよなあ。

投稿 | コメント (24) | このお店へのレビュー: 4件

「味噌ラーメン」@ラーメンの寶龍 敦賀店の写真敦賀駅前アーケード街の中。

列車の乗り換え時に街中まで行く時間が無く訪問。店内には札幌の本店の暖簾が掲げられています。
味噌ラーメンを注文して待つことしばし。厨房を見ていると,中華鍋でモヤシを炒め,味噌をスープで溶いています。
登場したのは白っぽく淡い感じのスープが張られた一杯です。

スープを一口。薄いとの評価が多いスープですが,たしかに濃厚ではないものの,炒めモヤシからくると思われるコクも感じられ,これはこれでありだと思います。麺は黄色がかった細めの縮れ麺。具はモモ系チャーシュー,モヤシ,メンマにキクラゲ。チャーシューはパサ系ですが臭み等はなし。メンマはふつう(業務用?),珍しいキクラゲはモヤシと一緒に炒めてくれたらなお美味しそうです。
途中,おろしにんにくや一味を加えつつ完食しました。

総じてよくまとまっている一杯だと思いますが,800円という価格は微妙なところかも。

ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「青唐らーめん(900円)」@いちろくらーめん 片町本通り店の写真2018.12.20 24:50 宿近くの飲屋街をふらふらと歩き訪問〜!メニューを眺め、青唐辛子が別皿で提供される表題を口頭で注文!背脂の量が選べるので普通と思われる「まごころ」を選択。そのほかに「あっさり」と「こってり」がありました。5分程で着丼。

スープは鶏ガラが中心と思われる淡麗スープ。程よく感じられる動物系の味わいと、醤油タレにより、良い感じの味わいです。適度に浮いている背脂により、コクも感じられ美味い!別皿の青唐辛子は、凄く辛い!!少しずつ投入して、耐えられる辛さで堪能〜!

具材は、チャーシュー、メンマ、ネギ、揚げネギ、海苔です。チャーシューは、まん丸にロールとなった豚バラです。柔らかく美味かった!メンマは適度な食感と、程よい味付けです。

麺は、平打ち気味の太めで麺肌にややザラツキのある感じで、コシも程よく感じられる麺です。淡麗ノスープとの相性もなかなか良く、麺量は体感で160g位ですかね。飲んだ後の〆によい感じの一杯でした!

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「鬼炊き豚骨らーめん」@鬼炊き豚骨ラーメン まくり屋の写真平日の夜7時頃に訪問。店内はカウンター席と小上がり席があり、ファミリーも来店しやすい店内になっています。先客はカウンター席に4名、小上がり席にファミリー2組。券売機で左上の法則に従い、店名を冠にした表題の品を購入。カウンター席に座り、しばし待つこと数分で配膳された丼は、豚骨スープに大きめなバラチャーシュー、きくらげの細切り、刻み万能ネギ、うずらの味玉がトッピングされ、麺はストレートの細麺。豚骨スープは豚骨特有の臭みがなくクリーミーで、細麺によく絡み食べやすい。バラチャーシューは、味付けしてあり、それに香ばしさが加わり、美味しい。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「野菜らーめん(味噌)」@8番ラーメン 福井駅店の写真平日午後1時30分頃に訪問。駅に直結していることもあり、店内は混雑してました。カウンター席に案内され、お店イチオシと思われる表題の品を口頭にて注文。スープ味は、味噌、塩、醤油、とんこつ、バター風味の5つから選べます。数分後に配膳された丼には、コクのある味噌スープ、このスープによく絡むコシのある中太麺、具材は国産野菜100%のキャベツ、モヤシ、タマネギに、メンマ、小さめなチャーシュー、8の字のカマボコが入っています。普通の野菜味噌ラーメンですが、野菜が盛りだくさんなので、少しヘルシーかな。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「全部のせらーめん」@横浜家系らーめん 英の写真訪問日時:2018/09/07(金)19:45ごろ
価格:900円

3年ぶり?の訪問。なんとなく家系らーめんがほしくなって。
店内に入口右側に券売機、チケットはプラスチック板。

今回は空腹だったこともあり、「全部のせらーめん」にライスを追加。
プラスチック板を店員さんに渡すと、麺の硬さ、醤油の濃さ、鶏油の量を
聞かれるが、すべてノーマルでオーダー。

先客は4名ほど、この時間にしては空いている。
10分ほどで着丼。


○スープ
豚骨ガツン、ややドロドロしており、臭みも残る。
鶏油の風味はそれほど感じず。
醤油はややきつく、しょっぱく感じた。

○麺
中太平打ちのやや縮れ、結構やわらかめの茹で加減。

○チャーシュー
肩ロースが3枚、大きめで柔らかジューシー。

○その他
ほうれん草、ねぎ、海苔は6枚も入っていた。
味玉はあまり味がしみこんでおらず、残念。


以前に比べ、しょっぱく感じたが、味にばらつきがあるのかな。
また、今度きます。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「地鶏の中華SOBA(醤油)+味玉」@麺屋 鶏っぷの写真訪問日時:2018/08/11(土)11:40ごろ
価格:900円

以前は福井市にあった名店が2016年に越前市に移転。
こちらのお店には初訪問となったが、祝日ということもあり、
なかなかの混雑ぶり。駐車場は満車、店内も満席で待ちは10名ほど。

券売機で購入、今回は白湯ではなく、
「地鶏の中華SOBA」を醤油ダレに。
塩も試したいのだが、エビ入りなのでパス。
味玉トッピングもつけてみた。

店内はカウンター5席、小上がり4人掛け、テーブル4人掛け×2ぐらい。
それから12~3分後にカウンター席に通された。
その間も次々お客さんが入ってくる。

さらに待つこと10分ほどで着丼。

○スープ
ふわっと香る醤油の香りの清湯スープ。
説明書きによると会津地鶏、近江しゃも、名古屋コーチンを使用、
加えて、魚介により旨味、味の深みを出していると。。。

○麺
中細ストレート、加水低めでパツパツの食感。
こちらは北海道産小麦100%で、3種類をブレンドしたそうだ。

○チャーシュー
肩ロースと鶏の2種類、しっとり仕上がり

○その他
メンマ、水菜、ねぎがオン。トッピングの味玉は若干半熟残り。


和え玉もあるようです。久しぶりの訪問でしたが、美味しかった。
移転して遠くなってしまったけど、また来ます!
なお、駐車場は店の前だけでなく、裏側にもあるらしい。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「黒醤油ラーメン」@江どめ屋の写真訪問日時:2018/07/14(土)11:40ごろ
価格:670円


この日は近くで企業説明会があり、何年かぶりの訪問、何度目の訪問かは不明、
少なくとも10回は来ているはず。。
カウンター席に座り、メニューに目を通すと、いろいろ増えていた。

ここは京都風の背脂のういた、細麺がうりなのですが、
今回は最近の一番人気らしい「黒醤油ラーメン」をオーダー


○スープ
京都風の鶏ガラベースに背脂たっぷり。
黒醤油は見た目ほど濃いわけでもなく、いい味わい。
あとから一味唐辛子がじわじわきいてきて、汗があふれ出す。

○麺
極細ストレート、他の醤油ラーメンと同じかな。


○チャーシュー
豚バラが数枚、トロトロで美味しい。


○その他
シャキシャキのねぎがノーマルでもたっぷり、メンマ、もやしは特筆なし。



相変わらず、美味しい。ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

五目亭は、かなり昔からすぐ近くにありますが、そちらと関係あるのでしょうか。なお、このお店は「福井らーめん」の他に、「ステーキ丼」も売りにしているようです。今回はラーメンを注文。

中華SOBAは、和風醤油と越前塩の二種類を選べます。越前塩を選択。
で、普通(に美味しい)の塩ラーメンですね。越前塩というのはこの近くで作っている塩という意味なのでしょうか、普通に塩なんでしょう。普通の塩スープ。チャーシューは薄くスライスされたものが2枚。後はシナチクにネギ、茶色いふりかけのようなものが入っていました。ラーメンは最近どこで食べても特にハズレはないよね。

チャーシュー丼は、子供用のプラスチックのお椀みたいなのに入って登場。150円にしては良いかなという味ですが、お椀のおかげで食欲が減退するなぁ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「いちろく中華そば(醤油)」@いちろくらーめん 福井駅前店の写真駅前の商業ビルの2階にあります。午後2時頃に訪問。年末の短縮授業のせいか、高校生が多かったのですが、空いているカウンター席に即着席できました。この日は、あまりお腹が空いていなかったので、全のせを回避して、屋号のついた表題の品を券売機で購入。店員さんにチケットを渡すと、味(醤油・塩)、背脂量(すっきり、まごころ、こってり)、麺の太さ(太麺、細麺)を聞かれ、醤油、すっきり、太麺をチョイス。数分で配膳された丼は、チャーシュー、焦がしタマネギ少々、海苔、刻みネギがトッピング、麺は少し縮れたコシのある平打ち麺、スープは秘伝の「がまし醤油たれ」を使用しているそうで、普通に美味しかったです。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件